快適に暮らすためのお手入れ知識!

自然素材で有名な無垢材と珪藻土とは?

・無垢材
自然素材の中でも、もっとも有名なのが「無垢」です。無垢はフローリングだけでなく家具や建具など、色々な箇所で使われています。
無垢の建材は、夏は涼しく、冬は冷たくなりません。
よく聞かれるのは、「無垢は傷みやすいのではないか?」と言うことですが、確かに無垢は年月が経過していくと少しずつ色が変わっていきます。
ですが、「傷んできている」という感じにはならず、むしろ味わいが出てきます。
無垢材は少しお値段が高くなりますが、長く住むにはおすすめです。

・珪藻土
珪藻土とはプランクトンや珪藻が化石になったものをいいます。
特徴は耐火性があり、調湿性、吸臭性が優れております。
シックハウス対策として、化学物質の吸着や結露対策としても使用されます。

どちらも様々な種類があるので、お好みのものを選ばれると良いでしょう。

無垢のお手入れはどうやってするの?

無垢材は思った以上にお手入れは簡単で、気を付ければキレイに保つことが出来ます!
無垢のフローリングは様々な塗装の仕方がありますので、その種類とメンテナンス方法をご紹介します。

「ウレタン塗装」
ウレタン塗装とはフローリングの表面にコーティングし、光沢の出る塗装です。
普段のお手入れとして、水拭きではなく基本的には乾いた雑巾で行ってください。
掃除機も使っても大丈夫です。
ワックスがけは必要ありません。

「自然塗装」
天然油脂を使った塗装で、木の質感をそのまま保ちます。
お手入れはやはりこちらも乾いた雑巾で拭いてください。
もしワックスがけを行う場合は、塗装されたオイルと同じメーカーを必ずご使用ください。

「無塗装」
何も塗装しない方法です。木の色や質感を保てますが、汚れが染み込みやすいのが特徴です。
無塗装のお手入れは基本的におすすめしません。
もし何かしらされたい場合は、業者さんに相談することをお勧めします。


この記事をシェアする
TOPへ戻る