リフォームは夢を実現させること!

「本物の木」の魅力

現代では森などどんどん無くなっていき、普段から自然に触れることが少なくなってしまいました。
ですが、人間はやはり自然なものに触れることによって、安心感を得ることができます。
木の素質として、森林浴に行くと感じる爽快感と同じ効果の「フィトンチッド」という成分があります。
この成分が自律神経の安定をもたらし、リフレッシュした気分にさせてくれます。
本物の木で出来た家は心を穏やかにしてくれて、ぬくもりとやすらぎを与えてくれます。

さらに、木は日本の風土に適しています。
日本は雨が多いため、湿気が多くなりがちです。
木は湿度が高くなると水分を吸い、乾燥すると水分を出す働きがあります。
これも本物の木ならではの魅力です。
日本の風土に合った家づくりに、木の存在は欠かせません。

シックハウス症候群と無縁で環境にも優しい

シックハウス症候群とは、新築やリフォームしたばかりの家に住み始めた際に目がチカチカしたり、吐き気や肌荒れ、頭痛がしたりする症状です。
これらの症状の原因は集成材や合板、ビニールクロスなどの有害物質を含む建材にあるそうです。
最近の住宅が気密性が高くなっていることもあり、その中で症状を引き起こすことがあります。
自然素材を使った家というのは、床材など目に見えるものだけでなく、断熱材や接着剤など細かい部分にも人間の身体に安全なものを使うことによって、こういった症状を防ぐことができます。

また、自然素材を使用することはエコにもメリットがあります。
材料などをつくるときも廃棄するときも化学物質が出ないので環境を汚染することがありませんので、環境に負担をかけない家づくりができます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る